子育て主婦、介護世代や退職後、外で働きにいけない副業ができる環境支援します

kaigo

在宅介護の限界点は? 親子の共倒れを防ぐために

人生100年時代をどう生きるか?

例えば、45歳で70歳の親の介護を始めたとします。親が100歳まで生きたと仮定すると、自身も75歳になっており、子どころか孫まで親子3代にわたって、介護が必要になるかもしれません。また老老介護や介護疲れによる事故も増加しています。

介護においてもっとも気をつけなければいけないのは、経済的にも精神的にも介護をする人と被介護者が共倒れになることです。

在宅介護における悩み、課題とは?

現在在宅介護を行っている方は、どのようなことに負担を感じているのでしょうか?

また1日にどのくらいの時間を介護に割いているのでしょうか?まず介護者のうち悩みをストレスを抱えている方は、全体の7割近くにのぼります。
画像の説明

下記のグラフは「性別にみた同居の主な介護者の悩みやストレスの原因の割合」(複数回答)をグラフにしたものです。

画像の説明

介護者の悩みは、当然のように男女ともに「家族の病気や介護」になっており、7割を超えています。次いで、「自分の病気や介護」となっています。介護者にとって、介護そのものがストレスや悩みだという結果となっています。

在宅介護にかかる費用は、月平均5万円

在宅介護にかかる費用は、2種類に分けられます。
デイケア・デイサービスやホームヘルパー利用にかかる「介護サービス利用料」「介護サービス利用料」は1万6千円、

オムツ代や介護リフォームなどにかかる「介護サービス以外の費用」ですうち、「介護サービス以外の費用」は3万4千円でした。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional