働く女性のテレワーク環境を応援します、週3日会社に行き2日は自宅勤務・遠隔地で仕事ができるよう応援します

FrontPage

■ようこそ! 'クラウド合同会社へ

通勤の距離を省くことで職住接近に

平成30年にテレワーク助成金やIT補助金が国から働きかた改革支援があります

  • 在宅テレワークのメリットは通勤の必要性がない
  • 通勤ラッシュから解放され家庭の仕事との両立して働けます
  • コアタイムを設定し働きやすくなりICTで連絡連携できます
  • パソコンを支給されるセキュリティも安心して仕事ができます
  • 出産、子育、介護のプライベートも効率よく両立できる

画像の説明

 最近、優秀な女性社員を結婚後も活用したい希望もあり、在宅テレワーク雇用形態を推進する新しい風が吹いています。国も本気で働き方改革を推進してます。

 小さな子どもを家庭で見守りながらも、キャリアを維持しワーキングママに活躍してもらい、社会的貢献が大きいと見られています。テレワークという形をとる会社も増えてきて子どもと離れるのが不安を解消できる改革で通勤の必要性を見直す企業が増えたからだといえるでしょう。

最近のICT技術を使うこと働き改革を導入できます

働き方改革する会社に職場意識改善助成金(テレワークコース)が出ます。労働時間等の設定の改善(※)及び仕事と生活の調和の推進のため、在宅又はサテライトオフィスにおいて就業するテレワークに取り組む中小企業事業主に対して、その実施に要した費用の一部を助成するものです。

成果目標の達成状況


画像の説明


■テレワーク支援のバックアグランド

 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府では、東京都及び経済界と連携し、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした働き方改革の国民運動を展開します。2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけ、交通機関や道路が混雑する始業から10時半までの間、一斉テレワークを実施する企業・団体を募集しています。(引用元:テレワーク・デイ ウェブサイト http://teleworkgekkan.org/day0724/

■自宅・遠隔地で働き改革をICTで支援内容

1.会社内で使ってるサ-バを従来 あるいは、クラウドにしてデータプラットフォーム(仕事スタート入口)をICTで自宅でも遠隔地遠隔地(テレワーク)でも可能にします。具体的にはマイクロソフトOffice365を使用します


画像の説明




2.ICTで自宅、遠隔地(テレワーク)場所での仕事の勤怠管理ではパソコン・タブレットでタイムIN・OUTを通知できます。 [#s5fbb87a]

画像の説明

3.クラウド時代会計プログラムを変えてみませんか? [#j45eb25f]
見積から請求、売掛処理までのクラウド会計システム
これからの会計処理は銀行入出金を自動で記帳データが取り込めます。日本昔からの大福帳方式になります。会計の処理の基本は「銀行の入出金」を重視する処理です。

従来の会計と違うポイント

  1. 見積はすぐにメール対応と会計処理に連動しています
  2. 銀行入出金を自動で記帳データを取り込める
  3. 領収書を写真で写すと経理入力ができます
  4. 自宅・遠隔地で見積と会計処理ができます

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional